溶接問題解決

ステンレスを半自動溶接で綺麗な外観に溶接

議題
ステンレスのパイプとフランジを溶接する(脚長8ミリ~10ミリ)際、TIG溶接でビード2層盛りしなければならず、その分歪も多く値段も高くなる。
対応方法
フラックス入りワイヤーを使用し経験上導き出した条件で溶接
解決後
1層盛りで仕上げることができるので作業性も上がり単価も低くでき、歪も抑えることができる。ノウハウをもって溶接することでビードの外観も綺麗に仕上がる。

このような方は、
ぜひご相談ください!

  • 納期まであとわずか!受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 頼みたいのは単品(小ロット)の溶接。受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 自社ではできない高度な溶接をやってくれる溶接業者が見つからない。

お問い合わせ、お見積もりはこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL06-6581-1805

FAX06-6581-1805

PAGE TOP

Copyright©Nihombashi All Rights Reserved.