溶接問題解決

工夫一つでアルミを割れなく溶接。圧力漏れもストップ

議題
アルミの圧力ものの溶接で、仕上がり後どうしても圧力を欠けると漏れが発生してしまう。
・・
対応方法
面取りの方法などを提案し、自社のノウハウを持って溶接
解決後
仕上がり後、圧力検査をしても漏れがなくなる
*少しやり方を変えるだけで鋼(45C・55C)などの圧力漏れの事例にも応用可能です。

このような方は、
ぜひご相談ください!

  • 納期まであとわずか!受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 頼みたいのは単品(小ロット)の溶接。受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 自社ではできない高度な溶接をやってくれる溶接業者が見つからない。

お問い合わせ、お見積もりはこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL06-6581-1805

FAX06-6581-1805

PAGE TOP

Copyright©Nihombashi All Rights Reserved.