溶接問題解決

工夫一つで45Cなどの鋼を割れなく溶接

議題
45Cなどの鋼を溶接し、後の仕上げ(旋盤など)加工が終わった時に溶接割れが発生する。ガスで予熱後熱処理を行う対処方法もあるが単価が高くなってしまう。
対応方法
脚長の大きさや面取りの方法などを提案し、自社のノウハウを持って溶接。
解決後
予後熱の必要もなく、仕上げ(旋盤)加工後の割れもなし。

このような方は、
ぜひご相談ください!

  • 納期まであとわずか!受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 頼みたいのは単品(小ロット)の溶接。受けてくれる溶接業者が見つからない。
  • 自社ではできない高度な溶接をやってくれる溶接業者が見つからない。

お問い合わせ、お見積もりはこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL06-6581-1805

FAX06-6581-1805

PAGE TOP

Copyright©Nihombashi All Rights Reserved.